www.herz-frank.com

-

-

民事再生という選択肢は住宅のローンを含め多重の債務に陥っている債務者を対象として、マンションを維持したままで経済的に再建するための法的機関を通した謝金の整理の手順として平成12年11月にスタートした解決方法です。民事再生は、自己破産とは異なり免責不許可となる要素がないので、競馬などで借金したような場合においても民事再生手続きは選択可能ですし破産宣告をした場合は業務の停止になる可能性のある免許で生計を立てている場合などでも制度の活用ができます。破産の場合には、マイホームを保有したままにすることは考えられませんし任意整理や特定調停などでも借金した元金は払っていくことが求められますので、住宅ローンも払いながら完済するのは実際のところ困難だと思われます。といっても、民事再生を取ることができれば、住宅のためのローンのほかの借金はかなりの額を減らすこともできますので、余裕をもって住宅のためのローンを払いつつ残った借金を返済し続けることが可能といえます。といっても、民事再生による解決は任意整理による手続きや特定調停といった手続きと異なってある部分のみの負債だけを省いて手続きすることは許されていませんし自己破産のように元金それ自体なくなってしまうわけではありません。それから、これ以外の解決手順と比較してもある程度めんどうで時間もかかりますので住宅ローンなどを組んでおり住居を維持したい状況など以外において破産等といった他の方法がとれない時だけの限定的な方法と判断しておくのがいいでしょう。

Site Menu

リンク

Copyright © 2000 www.herz-frank.com All Rights Reserved.